ふかまるナゾ

TOP

ふかまるナゾリスト(未解明)

ふかまるナゾ説明
あくまのはこ−悪魔の箱−
 開けた者は必ず死ぬと言われる呪われた骨董品。
すでに多くの犠牲者を出し、世間をさわがせているという。
そんなものが本当に存在するのだろうか。
きっぷのナゾ−行き先のない切符−
 シュレーダー博士の部屋に残されていた、行き先の書かれていない切符。
どうやらモレントリー急行という列車の乗車券のようだが、これはどこに行くためのものだったのだろう。
しゃしんのナゾ−破かれた写真−
 シュレーダー博士の遺体の下にあった、破れた写真の切れはし。
ばらばらになっていたため、写真の内容は確認されていない。
そこには何が写っていたのだろう。
はこのゆくえ−箱のゆくえ−
 亡くなった博士の部屋から、悪魔の箱を持ちさった人物がいる。
手がかりをほとんど残さず姿を消したその犯人は、いったい何者なのだろう。
ぼうやのナゾ−消えたぼうや−
 モレントリー急行の中で、突然姿を消してしまったローズ夫人のトムぼうや。
残されたクツを見る限り、ぼうやはかなり小さな子供のようだ。
そんな子供が1人でどこへ行ったというのだろう。
カティアのナゾ−アンダーソン家の令嬢−
 モレントリー急行に乗り込む、アンダーソン家の1人娘カティア。
大勢の見送りが来ていたが、なぜか同行する者はいないようだ。
名家の令嬢が1人で旅に出たのは、いったいどうしてなのだろう。
さびれたえき−さびれていた駅−
 到着時の暗く静かな様子とは全く違って見えるフォルセンスの駅。
さびれていたはずの駅が、次の瞬間華やかな様子に変わってしまった。
いったい何が起こったのだろう。
さがしもののナゾ −パッポラッチの探し物−
 パッポラッチはサムを使い、町で何かを探しているようだ。
特別車両まで作り、何度も町に来ている事から、それは彼にとってかなり大事なもののようだが。
しろのバンパイア−城のバンパイア−
 フォルセンスの町外れには不死の吸血鬼が住んでいるという。
住民はうわさをおそれ、フェルーゼンの屋敷に近づこうとしないようだ。
屋敷には本当に吸血鬼が住んでいるのだろうか。
ヤギのもんしょう−ヤギの紋章−
 悪魔の箱にかたどられた大きなヤギの紋章。
同様の紋章が、フォルセンスの町の一部にも見られる。
この町と悪魔の箱には、どのような関係があるのだろう。

ふかまるナゾリスト(解明)

ふかまるナゾ説明
あくまのはこ−悪魔の箱−
 悪魔の箱は、50年前にアンソニーがソフィアへの手紙をしのばせた思い出の品だった。
呪いの正体は、箱に残った臭気と、うわさによる暗示効果によって引き起こされる現象だったようだ。
きっぷのナゾ−行き先のない切符−
 切符が示していたフォルセンスとは、特別な車両だけが停車する、隠された駅の名前だった。
シュレーダー博士がこの町を訪れていた事は、どうやら間違いないようだ。
しゃしんのナゾ−破かれた写真−
 写真に写っていたのは悪魔の箱だった。
大きくヤギの紋章がかたどられたその不気味な姿は、まさに悪魔の名にふさわしい。
はこのゆくえ−箱のゆくえ−
 箱を持ち去った犯人は、レイトンをライバル視する天才科学者ドン・ポールだった。
悪魔の箱を持ったままアロマになりすまし、レイトンたちが箱の謎を解くのをまっていたようだ。
ぼうやのナゾ−消えたぼうや−
 ぼうやとはローズ夫人の飼い犬の事だった。
その愛の深さゆえに、夫人もぼうやを犬だとは考えていなかったのだろう。
カティアのナゾ−アンダーソン家の令嬢−
 カティアはアンソニーとソフィアの孫に当たる存在だった。
50年前の誤解を解くため、彼女は1人フォルセンスへとやって来ていたようだ。
さびれたえき−さびれていた駅−
 フォルセンスの町は、幻覚作用のある臭気で満たされていた。
そのせいで、駅の写真の華やかなイメージが、実際の町の風景に混ざってしまっていたようだ。
さがしもののナゾ −パッポラッチの探し物−
 パッポラッチは、悪魔の箱にフェルーゼン家の遺産の手がかりがあると思っていたようだ。
自分は領主の血筋だと主張するパッポラッチだったが、それに対する周囲の反応は冷たいものだった。
しろのバンパイア−城のバンパイア−
 アンソニーは、財産を狙って城に近づく人間を捕らえ、血を吸うとおどしては、すぐに逃がしていた。
吸血鬼のうわさを広める事で、城に近づく人間を減らそうとしていたようだ。
ヤギのもんしょう−ヤギの紋章−
悪魔の箱のヤギの紋章は、町の領主フェルーゼン家の物だった。
悪魔の箱は、フェルーゼン家に何らかの関係があるようだ。