// "//"で始まる行はコメント行で、ページには出力されません
//以下のルールに従って編集してください
//・ページ名は*を使う
//・見出しは**、***を使う
//・リストは-、または+を使う
//・リンクは&pgid(,ページ名);、または[[]]、[[ページ名:URL]]を使う
//・表は|a|b|形式を使う
//・改行は、&br;か行末に~を使う
//・その他のルールは、テキスト整形のルールを表示するのリンクで確認

//ページ名をここに記述
*ふかまるナゾ [#z98a6ba1]

//目次の自動リンク
[[TOP]]
#contents

//↓↓↓ここから下の部分を編集していってください↓↓↓

**ふかまるナゾリスト(未解明) [#xca89e61]
|SIZE(12):120|LEFT:SIZE(12):|LEFT:SIZE(12):|c
|ふかまるナゾ|CENTER:説明|CENTER:レイトンのひとこと|h
|~てがみのナゾ|-クラークからの手紙-&br;レイトンの旧友クラークから届いた別のメッセージがこめられた手紙。&br;なぜ、クラークはこのように回りくどい方法で助けを求めたのだろう。|・タイプライターで書かれている。クラークからの手紙にしては何か妙な感じがする。&br;・道のえぐられた場所と、手紙に書かれた巨人には、何か関係があるのかな?|
|~ミストハレリのナゾ|-黄金宮のナゾ-&br;ミストハレリには『黄金宮』と呼ばれる高度な古代都市文明が存在していたと予測されているらしい。&br;果たして、本当にミストハレリには『黄金宮』が存在したのだろうか。|・ロンドンタイムズに発表された論文によると、『黄金宮』は存在していたらしい。&br;・ミストハレリには黄金宮の発掘調査隊が来ているようだ。&br;・調査隊の話では、黄金宮にまつわる物は見つからなかったようなのだが…。&br;・黒カラスの少年たちは黄金宮と太陽の鳥の伝説の存在を知っていたようだ。&br;・ミストハレリの土壌から黄金は出土しないらしい。代わりに銀がでるようだ。|
|~ルークのよげん|||
|~きりのナゾ|||
|~まじんのふえ|||
|~くろカラス|||
|~やくさいのまじょ|||
|~アランバードのナゾ|||
|~ジェイクスのナゾ|||
|~まじんのナゾ|||

**ふかまるナゾリスト(解明) [#r59bd709]
|SIZE(12):120|LEFT:SIZE(12):|LEFT:SIZE(12):|c
|ふかまるナゾ|CENTER:説明|CENTER:レイトンのひとこと|h
|~てがみのナゾ|-クラークからの手紙-&br;手紙を書いていたのは、クラークの息子、ルークだった。&br;彼は何者かに悟られまいと隠されたメッセージでレイトンへ助けを求めていたのだった。|ルークは私をこの町へ呼ぶためにメッセージを隠した手紙を送ってきたようだ。|
|~ミストハレリのナゾ|||
|~ルークのよげん|||
|~きりのナゾ|||
|~まじんのふえ|||
|~くろカラス|||
|~やくさいのまじょ|||
|~アランバードのナゾ|||
|~ジェイクスのナゾ|||
|~まじんのナゾ|||